突き指を、ナメてはいけません! スワンネック変形の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年10月17日 [詳しい内容]

突き指を、ナメてはいけません! スワンネック変形の患者さん

今回の症例は、突き指によってなるスワンネック変形という症例です!


13歳 女の子

負傷原因)
バスケットボールにてボールが右手第四指に当たり負傷。
その後、右手第四指の第一関節を曲げると変な曲がり方をするから診てほしいと来院。

所見)
1
PS) 右手第四指 伸筋腱付着部と側副靭帯 Tenderness(++)

変形:伸筋腱の損傷によりスワンネック変形

腫脹(-)

エコー画像)


評価)

右手第四指伸筋腱 部分断裂

治療)

伸筋腱に LIPUS(微弱超音波) 微弱電流(シーケンシャルモードといい治癒を促進させます。)

処置)
2
右手第四指に固定


今後の経過)
まずは、変形を確定させないようにしなければなりません。慎重に日常生活指導・固定具をとらないように指導
この疾患は、固定を除去してしまうと直ぐにまた変形してしまいます。
また、厄介なことに動かせてしまうので痛みがなくなると自分の判断で固定具を除去してしまう場合があります。

したがってしっかりとした施術者による管理が必要です。
しかも女の子なので変形が完成してしますと見栄えも悪くなってしまうので、注意が必要です。

このように当院では、患者さんの立場に立って治療手段を考えますので安心してお任せ下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop