腓骨外踝骨端線 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年10月13日 [詳しい内容]

腓骨外踝骨端線 太田市の患者さん



本日の患者さんは、太田市在住の中学生です。
前日に、サッカーの試合にて足を捻ってしまい損傷。
歩くのに多少痛みが出て腫れてきたという事で来院されました。


症状)


梨状筋症候群

骨端線

Tenderness(+)、Swelling(+)、叩打痛(-)、Gaitpain(+)

ATF

Tenderness(+)、Swelling(+)、内反ストレス(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
超音波治療
アイシング
キャスト固定


こちらの患者さんの場合、腓骨外果骨端線を損傷されていました。
歩けてはいるものの、成長に関わる部位になりますので
キャストにて固定させていただきました。

このまま放置してしまうと、痛みが引かず
骨の成長に将来障害を起こしてしまいます。
ただの捻挫だと思っていてこのように骨の損傷が
ある場合もありますので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop