右大腿部(ハムストリング)の肉離れ U度損傷 足利市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年10月07日 [詳しい内容]

右大腿部(ハムストリング)の肉離れ U度損傷 足利市の患者さん

本日の症例は、右大腿部(ハムストリング)の肉離れ U度損傷 足利市の患者さん です。

負傷原因)
子供の運動会にて全力疾走し右太ももが、”ピキッ”といい損傷。
いつもの筋肉痛だと思い放っておく。
しかし何時まで経っても痛みが引かず、足を引きずっている状態でした。 

所見)
1

右大腿部 半腱様筋 半膜様筋: 筋腱移行部に皮下出血(++) 腫脹(swelling) + 圧痛(tenderness) +
荷重痛(+) 歩行時痛(+)

ハムストリングstres test(+)

評価)

ハムストリングの肉離れ T度損傷

治療)

EMSによるハムストリング促通(力を入れやすくします)
肉離れした患部にLIPUS(微弱超音波)

処置)

サポーター固定

今後治療方針)

こちらの患者さんは、いつもの筋肉痛とはなんか違うなぁと感じられて来院されました。

また、皮下出血が出ていることにも気付いておりませんでした。←写真を見せて驚かれておりました。(゚д゚)!

肉離れのU度損傷という部分断裂に限りなく近い損傷かと思われます。

通常ですとシーネ固定をして松葉杖にするところですが、仕事上出来ない。

また、歩行時痛が少なく歩ける為サポーターにて対処させて頂きました。患者本人もサポーターにて痛みも7〜8割近く減ったと言われ

この対処方法にて治療方針を決定しました。

しかしリスクは、あります。 

再発です。このリスクは、サポーターでは完全除去出来ないので日常生活動作指導は、しっかりとさせて頂きました。

このように当院では、しっかり患者さんのご希望にも出来る限りお答えしますのでお任せ下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605



このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop