足底筋膜の衝突性障害 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年09月13日 [詳しい内容]

足底筋膜の衝突性障害 太田市の患者さん




太田市 12歳 男の子

サッカー部に所属しており、2日ほど前から
右足の第5中足骨付近の足底に朝起きたときや
階段を降りる時などに痛みがあり、来院されました。

足底筋膜炎

所見)

(R) 第5中足骨粗面:Tenderness(+)Gait pain(+)
エコー検査にて、骨の異常は見られませんでした
(R)O脚

処置)

電気治療(下腿の筋緊張緩和)
超音波
手技療法
キネシオテーピング

患側の下肢のO脚が強く、外側に体重がかかりやすいため
繰り返しのランニング動作で足底の外側にも負荷が
かかってしまうことが原因のようです。

O脚矯正の処置をし、患部にはクッション性のある
パッドとキネシオテーピングで衝突を防ぎ
3日間練習量を減らしていただき、痛みは半分以下に減りました。

引き続き、O脚矯正のストレッチ、トレーニング指導を
行いながら治療を続けていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop