変形性膝関節症 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年09月09日 [詳しい内容]

変形性膝関節症 太田市の患者さん



本日の患者さんは、太田市在住の女性の方です。
以前から膝を曲げたり、階段昇降が痛む
という症状で来院されました。

変形性膝関節症

X-Pでは、変形性膝関節症と診断されたようです。


症状)



膝関節
屈曲(+)、Tenderness(+)、Swelling(-)
内反変形(+)、Gaitpain(-)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
超音波
手技療法
運動療法

こちらの患者さんの膝は既に変形が強く、以前は
歩くのも辛かったそうですが今は落ち着いてきてしまっています。
変形の進行はかなり進んでしまっており、元の膝の状態に戻す
ということは難しい状態になっているので
まずは、炎症を治めていき運動療法をして
これ以上ひどくならないようにしていきます。

特に大腿の内側の筋肉の衰えによって
O脚になってしまうので、内転筋を中心に
リハビリを行っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop