梨状筋症候群 邑楽郡の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年09月06日 [詳しい内容]

梨状筋症候群 邑楽郡の患者さん



邑楽郡 39歳 男性

4週間前に足関節を捻挫してしまい
庇いながら生活をしていたら
臀部から下腿の後面にかけて歩行時や
車の乗り降りの際に痛みがあり来院されました。

梨状筋症候群

所見)

腰部運動痛(-)
Newtontest (-)
SLR(+)
Kボンネットテスト(+)
梨状筋 Tenderness(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
(疼痛抑制・筋緊張緩和)
手技療法
鍼治療

症状発生から来院までの期間が早かったこともあり
1度の施術で痛みは取れました。
この方はお仕事で半日以上車に乗っているということなので
長時間の座位は梨状筋が圧迫されやすく
再発する可能性が高い為、再発予防の
ストレッチテストを行いました。

当院では、症状が治まってからの
再発予防のために患者様それそれに合った
生活指導や、ストレッチ、トレーニング方法などの
指導も行っています。

繰り返す症状でお悩みの方は
お気軽にご相談ください(`・ω・´)ゞ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop