大腿直筋腱炎、スカルパ三角 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年08月11日 [詳しい内容]

大腿直筋腱炎、スカルパ三角 太田市の患者さん



本日の患者さんは、太田市在住の学生の方です。
普段、部活でサッカーをしていて股関節に痛み
大腿部に痺れということを訴えていました。


症状)

股関節屈曲・伸展(+)
AIIS、Tenderness(+)、Swelling(+)
スカルパ三角 Tenderness(+)
大腿神経領域に痺れ

スカルパ三角

処置)

ハイボルテージによる電気療法
超音波、手技療法

こちらの患者さんは、以前から恥骨結合炎で
来院されていましたが、それをかばって
サッカーをすることにより、周りの筋肉に負担が増えてしまっています。

スカルパ三角とは、縫工筋、長内転筋、鼠径靱帯
によって構成されている三角形のスペースで
その中を大腿神経、大腿動静が通過していて
そこが圧迫を受けることにより
大腿部に痺れが出てしまっていました。

近くに大会もあるので、練習は休めずにいるので
これ以上ひどくならないように施術していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop