鉄板に膝をぶつけ 左膝 関節内骨折  足利市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年08月08日 [詳しい内容]

鉄板に膝をぶつけ 左膝 関節内骨折  足利市の患者さん

今回の症例は、左膝の関節内骨折

負傷原因)
仕事中に躓き転倒。その時に左膝部を鉄板に強打し負傷。
その後、立てなくなり仕事場の人に抱えられ立つことが可能になりました。
しかし直ぐに来院されたわけでなく、当日の夜に来院されました。

所見)
自覚症状: 左膝部の激痛 まともに歩けず引きずる。

痛みのある場所 PS ) 左膝 膝蓋骨 脛骨プラトー 大腿骨関節軟骨 Tenderness(++)、Gait pain ++

検査:ADT(前方引き出しテスト) − 
    膝蓋骨 脛骨プラトー 大腿骨関節軟骨 叩打痛 +
    左膝部swelling ++ 皮下出血+
 2
3
対処)
提携整形外科への対診
1

治療)

アイシング・LIPUS(骨折専門治療器)

処置)
ギプスシーネ固定 松葉杖

今後)
こちらの患者さんは、エコーでも左右差の区別がつきにくい程骨折しているか微妙でした。しかし、負傷原因や上記の所見が診られたため状況証拠だけでも骨折を疑い対診させて頂きました。
患者さんにも折れてない可能性もあるけど、もしもの場合があるからと説明させて頂きました。
そうして返ってくるとやはり膝の関節内骨折が判明し、しっかり固定しておいて大正解でした。
固定範囲もそのままで大丈夫でしたし、何より患者さんからの信用も得られます。
今回の症例は、整骨院にある画像では限界が有りましたがきちんとした視診・触診・検査にて判断した症例です。

このように当院では、リスクは起こさずなんとなく打撲かなぁでは済ましません。
しっかりはっきりさせて治療を行います。安心してお任せ下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop