筋膜性腰痛 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年08月04日 [詳しい内容]

筋膜性腰痛 太田市の患者さん



本日の患者さんは、太田市在住の男性の方です。

休日にバドミントンをしていた時に
無理な姿勢でスイングをしたときに
腰が痛くなり来院されました。

バドミントン

症状)

腰部 屈曲(++)伸展(+)回旋(+)
叩打痛(+)ニュートンテスト(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
超音波治療
手技療法


筋膜性腰痛とは、筋肉の表面を覆っている
薄い膜を傷つけてしまい痛みが出る疾患です。

ぎっくり腰は関節、靭帯、筋肉が原因となることが多く
今回は、筋肉を痛めてしまっていました。

ぎっくり腰

施術としては、痛めてしまった筋肉を主義で
アプローチすることは危険なので機械を
中心にアプローチをしました。

自宅での注意点としては
なるべく柔らかい椅子には座らない
(座るときは1番奥に座るか手前に座る)

3日間は、シャワーにしてなるべく温めない。
などいくつかありそれを守っていただければ
そこまで長引かない疾患です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop