骨盤の剥離骨折(柔道にて負傷) 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年04月25日 [詳しい内容]

骨盤の剥離骨折(柔道にて負傷) 太田市の患者さん

今回の症例は、骨盤の下前腸骨棘剥離骨折という症例です。

13歳 男の子

負傷原因) 柔道にて投技をかけられ踏ん張った際に負傷。 負傷後、荷重をかけて歩くと股関節に激痛が走り当院に来院されました。

所見) 右下前腸骨棘(AIIS)に圧痛 ++ 大腿伸展test(+) 四頭筋ストレスtest + ASIS圧痛(ー)
      スカルパ三角 圧痛(ー)

エコー検査)
aiis
aiis


施術) LIPUS(微弱超音波治療) アイシング 大腿四頭筋にハイボルテージ 下前腸骨棘(微弱電流)

処置)股関節固定(サポーター)←伸縮性が少ないものです。

今後) 股関節は、人間にとって非常に重要な場所になります。また、子供は、成長期のため、骨に柔軟性があり筋肉や靭帯に負けてしまいます。よって筋肉に引っ張られ剥離骨折がなり易いです。きちんとした鑑別をしてあげないと、今後の成長に関わってきます。
当院にてしっかり鑑別し、固定をしたことにより荷重をかけても痛みが半減しました。

今後は、治療・リハビリ計画をしっかりと立てて行きます。計画のない治療は、その場しのぎに過ぎません。
当院では、再発防止策などしっかりと患者さんにお教えさせて頂きます。

お任せ下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284−64−9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop